GALLERY

民間救急介護タクシー

すまいる

​救急救命士 鈴木明人

090-5192-7766

http://www.business-plus.net/interview/1803/k3982.html

 

 

GALLERY

 
 

ABOUT US

 
 

救急救命士の活動範囲 病院内にも拡大の方針

2019年11月6日 19時18分

 救急医療の現場での医師の負担を減らすため、厚生労働省は救急救命士の資格を持つ病院の職員などが病院内でも救命処置を行うことができるよう活動範囲を拡大する方針を示しました。

続きを読む

救急救命士の資格を持つ人は現在、活動できる範囲が事故現場や救急車の中だけに限られていて、病院の職員や救急隊員が救命士の資格を持っていても病院内で救命処置を行うことはできませんでした。

厚生労働省は長時間労働が課題となっている医師の働き方改革を進めるため、6日に開かれた有識者会議に救命士が活動できる範囲を病院内にも拡大する方針を示しました。

具体的には、医療機関の中でこれまで医師や看護師が担っていた業務の一部を救命士の資格を持つ職員に任せたり、消防機関の救命士が医師や看護師らに引き継ぐまで病院内で救命処置を行うことなどが示されました。

こうした案について、有識者会議のメンバーからは賛成の声が相次ぎましたが、救命士に感染症対策などの専門的な教育を行うことが必要ではないかといった意見もあがっていました。

厚生労働省は有識者会議の意見を踏まえたうえで、早ければ来年の通常国会に法案を提出することにしています。

埼玉埼葛南専門職連携推進ねっとわーく 主催

~医療・福祉の専門家と一緒に"最期``を語ろう~

日 時 令和元年11月30日(土)14:00~16:00

場 所 埼玉県立大学 講堂(埼玉県越谷市三野宮820番地)

参加費 無料(どなたでも参加できます)

自分らしく前向きに『生き抜く』ために、地域の現場で活躍している専門家(看護師・救急救命士・薬剤師等、多職種)と楽しいゲームを使って、生き抜く援命・寄り添う沿命・選ぶ命、得命を共に語り合いましょう!

・ 『もしばなゲーム』実演・体験してみよう!

・ 心肺蘇生はどうするの?

・ 在宅ケア/訪問診療

・ 食べること、胃ろうって?

・ がん/緩和ケア

・ 透析ってやめられない?

・ 各市のエンディングノートについて

埼玉新聞ーつれづれ

2019年9月7日(土曜日)

朝・夕とめっきり涼しくなりましたが・・・、主人の事を書いたコラムを読んで頂けたら・・・

 6月9日の朝、元気で主人が出勤していったが、その夜、救急から「ご主人が事故で病院に搬送されたので、至急来てください」と電話があった。動揺して車の運転ができないと思い、近所の人に送ってもらった。

 医師から事故で脳挫傷を発症したと説明を受け、緊急手術を受けるための同意書を震える手で書いた。それからも開頭手術や気管切開など1ヶ月で4回の手術。命は助かったが、重度の障害と肺炎を併発した。発語はできなくても、病院のスタッフに支えられ、手で合図をして意思の疎通をした。

 転院の際、介護タクシーの運転手さんが車内で話をしてくれた。去年、奥様を亡くされ、救急救命士の仕事を活かして介護タクシーをやられているとのこと。いろいろな景色を見てきたことを話してくれ、私も同様にいろいろな景色を見てそれを介護の仕事に役立てている。

 また、私とは面識のない主人の知人が「食べていないでしょうから」と、わざわざ大宮からおいなりさんを届けてくださったり、マッサージをしてくれる人、千羽鶴に願いを込めて送ってくれる人がいたり、多くの人に支えられた。感謝、感謝の気持ちで主人に寄り添っていきたい。

台風第19号ー自主避難のための搬送依頼

地区センターへ!

全介助を要する患者様のご家族様より、「自主避難をしたいので搬送をお願いします」との依頼。

一時避難といえども持参しなければならないものがたくさんあり、さらには、避難先の電源や横たわれる場所の状況等がわからず不安が募るばかりでした(-_-)。

第15回吉松アカデミーに参加!

in 松伏町ふれあいセンターかがやき

消防職員時代の平成25年9月2日に竜巻災害を経験したときのお話をさせていただき、「災害時、私たちは何をすべきか。」について来場参加者の方々とディスカッションをさせていただきました。

第5回みさと救急フェスタに参加

in 三郷市立ピアラシティ交流センター

当日は、約2,700人の来場者がおり、大盛況でした!!!

甲州リハビリテーション病院へ!

転院搬送

埼玉県から山梨県笛吹市甲州リハビリテーション病院まで無事に搬送!!

第21回日本救急看護学会学術集会に参加

in 幕張メッセ

救急看護師がACPに関わる意義について、救急救命士の立場から20分ほどお時間をいただきお話をさせていただきました。

内科救急・ICLS講習会に参加

in 茨城県野木町

医師会主催の講習会にファシリテーターとして参加させていただきました!!

浜松市リハビリテーション病院へ(転院搬送)

281Kmの中距離搬送!

埼玉県より静岡県浜松市へ看護師同乗しての搬送でした。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する医師主導治験

ご参加いただける患者様を募集

高用量のE0302 (メコバラミン:Mecobalamin)を用いた筋萎縮性側索硬化症(ALS)に対する医師主導治験を徳島大学を中心に実施しており、
ご参加いただける患者様を募集しています。

※治験とは
まだ承認されていない「薬の候補」について、人に対する有効性や安全性を確認する臨床試験のことです。
治験参加により以下の可能性があります。
・最先端の治療を受けることができる可能性があります
・患者様の新たな治療選択肢となる可能性があります

ご友人やご家族に患者様がいらっしゃる場合でも応募可能ですので、ぜひお問い合わせください。
徳島大学 治験調整事務局より今後の流れをご案内申し上げます。

お問い合わせはこちら >

■本治験の特色

・先行試験の部分解析において、発症後1年以内の患者ではプラセボに比べて600日以上の生存期間延長と症状の進行抑制効果が認められている
・世界で初めてUpdated Awaji診断基準が採用される※
・最長7ヶ月経過後、必ず実薬が投与され、継続される

※Updated Awaji基準:ALSの従来の診断基準(El Escorial改訂Airlie House診断基準)より診断の感度が向上した新しい診断基準。
 

■主な選択基準

・同意取得時の年齢が20歳以上の患者
・Updated Awaji基準のdefinite(確実)、probable(可能性大)又はprobable-laboratory supported(可能性大であり検査所見で裏づけられる)に該当する孤発性又は家族性ALSと診断された患者
・外来通院が可能な患者

 

■治験実施施設・責任医師/分担医師

本治験は、以下の全国25の施設にて治験実施しております。本治験における診察・検査・治験薬投与について、原則として治験登録を行った施設への通院が必要です。
※継続投与期には在宅での注射が可能です。

ご友人やご家族に患者様がいらっしゃる場合でも応募可能ですので、ぜひお問い合わせください。
徳島大学 治験調整事務局より今後の流れをご案内申し上げます。

お問い合わせはこちら >


実施中の治験について、以下より詳細な選択・除外基準もご確認いただけます。

詳細はこちらから >

埼玉県の増床計画

埼玉県保健医療部医療整備課

埼玉の増床計画、審査通過は約25%

2019年4月10日 (水)

 

 埼玉県は第7次の地域保健医療計画に基づき、新たに1638床を増やすために県内の病院から整備計画を公募していた。このほど結果が発表されたが、「整備を進めてよい」とされたのは13医療機関の400床程度にとどまった。このような結果になった理由と今後の病床整備計画の進め方などについて、埼玉県保健医療部医療整備課総務・医療企画担当主幹の星野仁志氏にお話を伺った。(2019年3月27日、3月29日にインタビュー、計2回連載の1回目)

第2回はこちら(近日公開)

――埼玉県では2018年7月から病院整備計画の公募を開始しています。3月28日に結果が発表されました。

 埼玉県では高齢者の増加による医療需要の増加により、既存の病床数のままでは病床数が不足する見通しです。地域の実情を踏まえた増床とするために、整備計画を公募しました。その結果は県のホームページで公開しています。

 対象となる二次保健医療圏の地域医療構想調整会議での協議を経る中で様々な意見が出ました。慎重な議論が必要だという意見もあり、計画の決定・発表が3月末になったという状況です。

――1638床分を募集していましたが、結果はどうなったのですか?

 57医療機関から3141床分の整備計画の応募がありました。募集数の2倍弱の申し込みがあったということになります。そこから今回の募集対象である県内7つの二次保健医療圏ごとに開催された地域医療構想調整会議で、応募した病院から整備計画についてプレゼンテーションをしていただき、協議を行いました。

 その後、各圏域の協議内容等をもとに、今回の病床整備の方針について医療審議会に諮った上で、今回の決定となりました。その結果をまとめたのが下の表です。

 応募のあった計画を「整備を進める計画(評価A)」「継続して協議する計画(評価B)」「協議から除外する計画(評価C)」の3つに分類し、地域医療構想調整会議で幅広く合意を得られた13医療機関の計画を「整備を進める計画」とすることに決定しました。

 評価Aとされた約400床(13医療機関)の計画は幅広く合意が得られました。一部で規模の見直しが必要な計画があるものの、これらは整備を進めていただきます。

 一方で、予定していた1638床中1230床程度は、継続して協議していくことになります。

――現状では、募集していた病床の25%程度しか合意が得られていない。足りない分は今後どのように埋めていくのですか?

 「継続して協議する計画(評価B)」とした1531床(33医療機関)について、課題を整理の上、改めて地域医療構想調整会議で協議して、整備の是非を判断していくことになります。その上で、今年夏頃に開催を予定している医療審議会の意見を聴いて決定するという流れを考えています。我々としては、この評価Bの計画を地域での役割をより明確にした形に修正していただき、各圏域で必要とされる医療機能を担う病床を充足していきたいと考えています。

――評価AでもBでもない計画はどうなりますか?

 「協議から除外する計画(評価C)」として、今回の協議からは除外することとしました。これに該当するのは1151床(11医療機関)です。

――評価Aとされた病床整備計画は、どのような点が評価されたのでしょうか。

 評価Aとした計画は、地域医療における実績や貢献度が高いなど、今後不足する医療機能の拡充が確実に期待できるものや、がんなどの高度専門医療、周産期、緩和ケアなどへの貢献が確実に期待できるもので、地域医療構想調整会議で幅広く合意が得られた計画です。実際に評価Aとされた計画の一覧が下記になります。

 周産期医療は、医師の高齢化などにより分娩を取り扱える医療機関が減少しており、今後もその傾向が見込まれるため、新たにその機能を担う医療機関への期待は非常に高くなっています。前川レディースクリニック、永井マザーズホスピタル、しらみず産婦人科クリニック、愛和病院の4施設がそれにあたります。また、がんの高度専門医療の担い手として、埼玉医科大学国際医療センターの増床も進めていただきます。

 それから、新設が予定されている川口リハビリテーション病院(仮称)は、急性期を経過した患者が県外に流出しているという事実があり、それを地域の中で診ていけるように川口市が誘致を進めている計画です(ただし、増床数の見直しが条件)。また、リハビリテーション天草病院は質の高いリハビリの提供、堀ノ内病院は地域の在宅医療を担う中心的な存在として、丸木記念福祉メディカルセンター、並木病院、武蔵台病院も地域包括ケアシステムの中で在宅医療などの役割が評価されています。

 また、武里病院は認知症のケアで、在宅で療養されている患者を後方支援できる病床整備は必要性が高いということ、また、笠幡病院は地域の中でもごく少ない緩和ケアを担える施設として、整備を進めていただくことになりました。

――評価Aとされた病院には、相応の理由があった。

 各圏域の地域医療構想調整会議の協議の中で、幅広く合意が得られた計画、地域医療構想の実現に向けて確実に成果が期待できる医療機関の計画をまずは優先的に進めさせていただくこととなりました。

広がる民間救急救命士の職域

これからは官民連携の時代!

民間救急救命士の座談会に参加し、お話をさせていただきました!

Jレスキュー 2019-5月号

p42~47

明日の救急車(下)

公的補助の必要性

あしたの救急車:「実験」を終えて/下 民間車の費用 緊急度の判定 見え始めた課題 /福岡

 

 

 救急救命士を乗せた実験の民間救急車(民間車)は、利用者にはおおむね好評だった。しかし中には「やはり救急車に頼りたい」という人もいた。

 88歳の父を自宅から総合病院まで搬送してもらった女性(61)=八幡西区=は言う。「父の具合が悪くなったのが午後5時で、車の到着はその1時間後。しかも『信号は止まりながら行きます』と説明され『えーっ』と思いました」

 1月に亡くなった父親は、5年前に前立腺がんがわかり治療を続けていたという。隣の区の総合病院への通院が次第に負担となったため、普段は在宅で訪問診療を受けていた。この日は呼吸が苦しく熱っぽかったが、急を要しないと判断したかかりつけ医が、民間車に総合病院への搬送を依頼した。

 民間車はサイレンを鳴らしての緊急走行はできない。女性は過去に何度か119番した経験を基に「救急車だと10分もかからず来てくれた」と言い、「家族としては少しでも早く苦しみを和らげてやりたかった」と振り返った。

 また、費用の問題もある。実験期間中は無料だったが、本来は有料だ。介護タクシーと同様、法が定めた基準の運賃がかかる。救急救命士同乗分を加えて試算すると、今回は1時間あたり1万4800円となった。

 患者搬送を依頼した八幡地域の医師(57)は「全額自己負担となると利用へのハードルは上がる。救急車が無料で誰でも使える設定である以上、患者さんに勧めても断られるのではないか」とみる。救急車の適正利用を浸透させることとセットで「使いやすい料金設定のため公的補助が必要だ。事業として継続されなければ私たちも信頼して使えないし、民間の救急救命士の働く場としても定着しないだろう」と話す。

 研究班は費用の問題は意見書として添付し、近く実験結果を国に提言する。そして今年度は研究を次の段階に進める計画だ。

 消防庁が現在、全国の都道府県や政令市で普及を進める24時間対応の無料の救急電話相談窓口「〓7119」。症状を画面で選択すると緊急度に応じて必要な対応が示されるスマホ用アプリ「Q助」。既にあるこれらのものさしを使い、「緊急ではない」「自力で受診を」と判断された場合、民間車や病院車につなげる仕組みづくりが目標という。

 「救急車以外の車の利用を促すには、緊急度を正確に判定できることが大事だ。将来は救急車、病院車、民間車という3種類の搬送手段が重症度に応じて使い分けられるようになれば」と研究班の伊藤重彦・市立八幡病院長。救急車の未来図が少しずつ見え始めている。

あしたの救急車(中)

病院救急車というカテゴリー!

あしたの救急車:「実験」を終えて/中 民間車と病院車のすみ分け 不要不急、どう抑制? /福岡

 

 

 「80歳男性。右大腿部骨折の術後です。バイタル(サイン)は安定していますが、右足の下にクッションを入れてほしいそうです。動かしてもいいですか」「搬送の姿勢に影響しないので、応えてあげて下さい」

 救急車の代替搬送手段を探る実証実験を前に昨秋、車に同乗する民間の救急救命士向け研修会が開かれた。消防の救急救命士にならい、質の担保を図るのが目的だった。主催は救急医や消防機関などでつくる「北九州地域メディカルコントロール(MC)協議会」。搬送中との想定で一人ずつ、実際にバックアップする医師とのやり取りを模擬体験した。

 研修は民間事業所の1人のほか、病院所属の14人も受講した。民間救急車(民間車)とともに、もう一つの代替搬送手段として「病院救急車(病院車)」の試験運用も実施したためだ。北九州総合病院(小倉北区)、戸畑共立病院(戸畑区)、小波瀬病院(苅田町)が参加。MCは各病院車に同乗する救急救命士への研修も担うことにした。

 消防庁は2016年から「転院搬送」に民間事業者や病院が所有する車を使うよう通知し、理解を求めている。介護施設から診療所・病院、あるいは診療所から病院へ運ぶ場合とその逆パターンがあるが、いずれも状態が不安定な患者搬送は介護タクシーでは対応できず救急車が呼ばれることが多い。

 民間車と違い、病院車は緊急走行が可能だ。重症患者の搬送には医師や看護師が同乗する。病院雇用の救命士を乗せ、転院搬送に運用している東京の平成立石病院(葛飾区)や南多摩病院(八王子市)など先進事例もある。しかし運転手を確保し続けることは難しい。採算性や走行中の事故に対する責任問題も含め病院側の負担は大きく、民間車と同様に全国的な活用は進んでいない。

 17年の全国の救急車による転院搬送数は全出動件数の8・4%の約53万件。県内では約2万3000件で、うち1305件は軽症者だった。「この分は他の搬送手段も可能では。転院搬送適正化には病院車の活用こそが重要だ」とMC関係者。

 実験期間中、3病院の運用実績は計50回となった。検証会議で、各病院から率直な感想が上がった。「車には心電図モニターなど必要な設備を常に載せているわけではなく、用意も大変」「実績に応じた診療報酬の加算などインセンティブがないと動かないと思う」。一方で「潜在的なニーズはある」との認識も示された。

 民間車と病院車がすみ分け、不要不急の救急需要をどう抑制するか。実験を通じて課題はより明確になった。

卒業式

民間救急車内からの我が子の雄姿を!

ご本人様(患者様)の願い。

病院の協力。

学校の理解。

すべての人の想いが、この素敵な時間を作り上げます(^^)/

あしたの救急車

民間救急という業種カテゴリーが必要じゃないかなぁ~

あしたの救急車:「実験」を終えて/上 民間車搬送58件、容体急変なし 「救急救命士同乗で安心」 /福岡

 

 

 「到着しました。ベッドを降ろします」。北九州市立八幡病院(八幡東区)に転院搬送された91歳の男性と家族に、救急救命士が声をかけて運転手と2人、ゆっくりとストレッチャーを操作した。救急車の代わりに民間の患者等搬送車「民間救急車」の活用を探るため昨年11月から3カ月にわたり、八幡地区であった実証実験。男性は発熱でかかりつけ医の「権頭クリニック」(八幡西区永犬丸)を受診し、肺炎が疑われたが体を動かせず、権頭聖院長が転院搬送を依頼した。

 「救急救命士が同乗している安心感は大きかった」と権頭院長。複数の高齢者施設の配置医も務めており、月平均10回は救急車を呼ぶか迷うケースがあるという。「多いのは肺炎や骨折。一秒を争う状況でなくても、一人で歩けなかったり、日常の判断能力が低下したりしている高齢患者に当日の病院受診を指示する時、心ならずも救急車をお願いせざるをえない」。介護タクシーという手段もあるが「高齢者は病態が変化しやすく、見守りがないのは心配。介護タクシーと消防救急車の中間にある選択肢として、民間救急車がもっと使いやすい状況になれば」と話す。

 実験期間中の搬送数は58件。かかりつけ医を通じて依頼を受け病院に搬送するシステムをとり、内訳は▽病院から36件▽施設から14件▽自宅から5件。利用者のほとんどが65歳以上の高齢者だった。「容体急変事例はなく、かかりつけ医の目で『緊急ではない』と判断した患者の搬送は民間車でも大丈夫との結果が得られた」。実験を主導した消防庁委託研究班の伊藤重彦・市立八幡病院長は手応えを語る。

 増え続ける救急需要を背景に近年、救急車の適正利用が求められている。2017年の救急出動件数は約634万件で10年前の1・2倍。利用者の約半数は入院する必要のない軽症だ。また、病院を移る際の転院搬送にも救急車が使われ、その数は全国で年間約53万件に上る。

 「せめて軽症者は救急車以外の受診手段を考えてほしい」(伊藤院長)と目を付けたのが民間救急車。1989年に消防庁が基準を作り認定を始めた。しかし、全国的には浸透していない。活用への課題はどこにあるのか。研究班がまず取り組んだのは、安全面での担保だった。

  ◇

 救急車の適正利用を目指して実施された実証実験を振り返り、その課題を探る。

〔北九州版〕

片道860Km🚑

絶対に故郷へ!!!

万が一に備えて、主治医に搬送途上に容態が急変し、近くの病院へ飛び込み受診するときのための紹介状を作成してもらい、いざ愛媛へ!

患者様にも頑張っていただき、お陰様で、無事に到着(^-^)

11時間20分の長旅でしたが、お疲れ様でした。

どうぞ、故郷の空気を存分に味わってください(^^♪

 

自宅で死を迎えるがん患者は生存期間が長い

自分の家で死にたい

最期のときを自宅で過ごすことを選んだがん患者は、病院で死を迎える患者よりも長く生きることが、日本の大規模研究で明らかにされた。

この知見から、医師は死期の迫るがん患者に対し、自宅での緩和ケアを迷わず許可すべきであることが示唆される。緩和ケアとは、治癒を目指す治療ではなく、鎮痛や症状の管理を中心とする治療のことだ。

「自分の家で死にたい」と望む人は多いが、病院と同等の治療が受けられないのではないかという懸念がこれまであった。研究著者である筑波大学の浜野淳氏は、「がん患者とその家族は、自宅で受けられる医学的治療の質が病院に比べて劣り、生存期間を縮めることにならないかと懸念する傾向がある」と説明する。

「しかし今回の研究で、実際は自宅で死を迎えることが患者の生存期間に悪影響を及ぼすことは全くなく、むしろプラスになることが示された。患者や家族は各自の意向と価値観に基づいて死ぬ場所を選ぶことができる」と、同氏は付け加えている。

今回の研究では、病院で死亡した約1,600人と自宅で死亡した約500人の患者を比較した結果、自宅で最期を迎えた患者の生存期間が大幅に長いことがわかった。この研究結果は、米国がん協会(ACS)発行の医学誌「Cancer」オンライン版に3月28日掲載された。

浜野氏は、「自宅での適切なホスピスケアが患者の命を縮めることはなく、むしろ生存期間が延びる可能性もあるという事実は、患者、家族、医師を安心させるものだ」とニュースリリースのなかで述べている。(HealthDay News 2016年3月28日)

http://consumer.healthday.com/senior-citizen-information-31/misc-death-and-dying-news-172/cancer-patients-choosing-to-die-at-home-live-longer-709295.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
論文アブストラクト:
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cncr.29844/abstract

※数日、数時間、数分でも、「すまいる」はお手伝いします!!!

民間救急車 始動!!!

北九州で11月から、全国初の実証実験 2018年10月12日

『民間救急車』始動

北九州で来月、全国初の実証実験

2018年10月12日(金)

 

 救急車の代替搬送手段として「民間救急車」の普及に向けた総務省消防庁の実証実験が、全国で初めて北九州市八幡東区・八幡西区で11、12月に実施される。民間救急車は国がタクシー業者などを認定する形で制度化されているが実験では救急救命士が同乗し、無料で実施する。緊急性の低い患者が119番するケースが全国的に問題となっていることが背景にあり、軽症者などを受け入れ、救急車の適正使用につなげる狙い。

 ◇軽症者が対象/搬送適正化を促進

 「緩やかな救急搬送システム」と名づけた実験は、医師や大学、行政関係者による研究班(班長=伊藤重彦・市立八幡病院副院長)に消防庁が委託。八幡病院内に資機材を積んだ搬送車1台を待機させ、研究班と契約した医療関連の民間事業所の救急救命士1人と運転手が、平日午前9時~午後6時に対応する。サイレンを鳴らしての緊急走行はできない。

 利用は医師や介護施設を通じて受け付ける。発熱や吐き気などの軽い症状や慢性疾患の症状がある人から相談を受けたかかりつけ医が判断し、民間業者に連絡し搬送先や送迎の日時を指定する。独居の高齢者や老老介護などで受診手段に困っている患者を受け持つ医師や、介護施設からの搬送依頼も受ける。実験期間中の利用は無料。

 また、医療機関が所有する「病院救急車」を搬送手段として使う厚生労働省の研究事業も併せて実施する。転院搬送での走行を想定し、市内と近郊の3病院の車を使う。同省は来年度以降、積極的に病院救急車の活用に取り組む方針だ。

 民間救急車、病院救急車とも病状変化に備え、救急医や消防機関などで作る「地域メディカルコントロール(MC)協議会」が講習などで認めた救急救命士が同乗。通常の救急車に乗る救命士に比べ救急処置の内容は制限されるが、搬送中に酸素吸入などが必要になったら、地域MCの医師と連絡を取り指導・助言を受ける。

 民間救急車は1989年、消防庁が民間の事業所活用のため導入した。国交省の認可と自治体の消防本部の「患者等搬送事業者」認定を受けたタクシー業者などが運営しており、東京消防庁は2005年から「東京民間救急コールセンター」を本格運用し24時間体制で案内している。救急現場の負担解消が期待される一方、有料であることや安全性への不安などから、全国的には浸透していない。伊藤班長は「まずはきちんとした選択肢を用意することで、代替搬送の道筋を探りたい」と話している。

 ◇救急救命士、どう活用するか

 実験の主目的は二つある。一つは、軽症者による消防救急車の利用を減らしていくこと。もう一つは、救急救命士という国家資格保持者の活用だ。

 消防庁の2017年の速報値では、救急車の出動件数は約634万件。8年連続で過去最多を更新したが、搬送人員の48・5%は入院を必要としない「軽症」だった。

 また、搬送された約6割は高齢者。介護施設の寝たきりの入所者がインフルエンザを発症した場合など、救急車以外の搬送手段がなく119番する例が少なくないという。病状変化にも対応できるよう医療的な安心を担保した選択肢を増やすことが、救急車の適正利用につながるとみる。

 一方、今年8月末時点で救急救命士は5万8000人を超えたが、約4割は消防機関に属していない。各自治体の消防職員採用枠には限りがあり、新たなマンパワーとして活用し、救急医療現場の負担軽減も目指したい考えだ

患者様、ありがとうございます(^.^)

いつも素敵な出会いに感謝です‼

拝啓

仲秋の候

◯△□病院の皆様におかれましては益々のご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

昨日は⚪⚪様の搬送を私ども 民間救急すまいる にご依頼下さりありがとうございました。

 

搬送中は車の揺れにより多少お疲れの表情がありましたが、会話の中で時折笑顔も見られ大きな変化もなく搬送することができました。

 

その搬送途中で印象的な出来事があったため、是非ご報告させていただきたくお手紙を書かせていただきました。

 

車内ではしきりに「どこに行くの?

何故自分は転院しなければいけないのか・・」と問われ不安で仕方ないと時折涙を流していました。

◯△□病院がいい。行きたくないと一生懸命筆談されました。

 

そんなやりとりの中の筆談の一文にとても胸を熱くさせられたものが…

 

「別れのあいさつがしたかった」と涙を流しながら書かれたのです。

そして、

◯△□病院の看護師さま達が良かったともつづられていました。

 

こんなにも◯△□病院の看護師さまが必要とされていることにとてもとても感動致しました。

同じ看護師として、いろいろと学ばせていただいた搬送でした。

ありがとうございました。

………

 

 

民間救急 すまいる   看護師

死体現象

死と診断できるのは、医師のみ

死体現象とは・・・心停止後身体に現れる物理的・化学的・生物学的変化

1 早期死体現象 → 心停止後まもなく現れる

  ①死斑

  ②死後硬直

  ③乾燥と角膜混濁

  ④体温下降

2 晩期死体現象 → 心停止後時間を経てから現れる

  ①自家融解

  ②腐敗

  ③ミイラ化

  ④死ろう化

  ⑤白骨化

異状死ガイドライン

日本法医学会

1 外因による死亡

 (1)不慮の事故

   A交通事故

   B転倒・転落

   C溺水

   D火災・火焔などによる障害

   E窒息

   F中毒

   G異常環境

   H感電・落雷

   Iその他の災害

 (2)自殺

 (3)他殺

 (4)死亡に至った原因が不詳の外因死

2 外因による傷害の続発症、あるいは後遺障害による死亡

3 上記〔1〕または〔2〕の疑いがあるもの

4 診療行為に関連した予期しない死亡、

  およびその疑いがあるもの

5 死因が明らかでない死亡

 (1)死体として発見された場合

 (2)一見健康に生活していた人の予期しない急死

 (3)初診患者が、受診後ごく短時間で死因となる

    傷病が診断できないまま死亡した場合

 (4)医療機関への受診歴があっても、その疾病により 

    死亡したとは診断できない場合

 (5)その他、死因が不明な場合

3時間の説得

なんとかしないと!!!

ご親族様の言うことを聞き入れず、ホトホト困った

そのご親族様からのご依頼。

「どうにかして病院へ連れて行ってほしい!」

(^_-)-☆ 無事に病院へ。

茨城へ!

ちょっと遠方

道中、手拍子しながら、いっぱい歌を歌って楽しかった!(^^)!

静岡へ🚘

安全運転(^.^)

・車内温度27℃

・時速80Km/h

・追い越し禁止

​・1時間毎の休憩

真夜中の緊急搬送

3連発!!!

空が明るくなってきた(◎_◎;)

酸素投与継続

約2時間の道のり

道中、強い痛みに襲われることなく無事に到着!

(@_@)遭遇

交通事故

搬送中に交通事故現場に遭遇。

​救急車が到着していて良かった(^^;

ダイナマイト(◎_◎;)

途中まではスムーズだったのに・・・

病院到着手前で、ダイナマイト騒ぎに見舞われ大混雑しましたが、無事に到着(^-^)

緊急入院!

定期受診のはずが

定期受診で検査中に思わぬ病が・・・

民間認定救急救命士!

一般社団法人病院前救護統括体制認定機構

民間認定救急救命士として認定を受けました(^_-)-☆

救急隊からの引継ぎ!

警察官立ち合いのもと

救急隊が不搬送にて引き揚げた、その現場を引き継ぎ、無事に病院へ(^_-)-☆

外出日和!

お墓参りに・・・

久しぶりの外出です\(^o^)/

真夜中の帰宅

24時間365日!

 「帰って来れてよかったね!」の患者様の笑顔を見ると、とっても嬉しい気持ちに(^^; 

4階までの搬送!!

事前の現地確認は欠かせません。

酸素ボンベが接続された人工呼吸器装着患者様を自宅4階までの搬送依頼!

​事前準備が大事なのです。

人工呼吸器装着患者様の搬送

トリロジー

本日は、午前1件と午後1件、人工呼吸器装着患者様の搬送です。

差額ベッド代???

救急隊の人が何回も聞いてきた!

連れ合いが呼吸停止したため、救急車を呼んで病院搬送してもらおうとしたら・・・

病院と話をしている救急隊の人が、何度も何度も「差額ベッド代は大丈夫ですか?」と聞いてきた。

差額ベッド代…???

何のことだか、さっぱりわからず、何でもいいから早く病院へ連れて行ってと叫んだ!!!

上記のようなクレームをご高齢の方から言われました。

傷病者やその家族らが説明の内容を正確に理解していることが重要で、その説明を専門用語を使用して理解させたつもりになってはいけないんじゃないかなぁ~

〔参考〕

「差額ベッド代」とは、希望して個室等に入院された場合、基本的に1~4人部屋に入室されたときにかかる費用で、正式には「特別療養環境室料」といいます。全額が自己負担となりますが、約73%の方が差額ベッド代を負担しても「個室や少人数部屋」を希望しています。(※1)しかし、入院日数が長くなると大きな負担となってきます。

 

〔差額ベッド代の基準〕

1  一病室4床以下

2  面積が一人当たり6.4㎡以上

3  ベッドごとにプライバシーを確保する設備

4  個人用の私物・収納設備・照明・小机・椅子の設置

搬送事案ー何かあったら???

戻ってくるように!

桜咲く、今日の良き日に無事に搬送先病院へ到着🚑

医師から、『搬送途上、万が一のことがあったら戻ってくるように』と告げられ、走行中に一回一回の呼吸音を耳を立てて聞きながらの搬送。

病院到着時に、患者様に到着しましたとお伝えすると、開眼はできなかったが、うなずいてくれました。

お疲れ様でしたm(__)m

お大事になさってください。

在宅医療講演会

連携をするには、腹の見える関係に!

気管切開し、脳腫瘍による右半身まひの浪花莉愛(りな)ちゃんが、2016年4月に福井市河合小学校の普通学級に入学した話があった。

www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/62836

 

普通ならば、特別支援学校を選択するかもしれない。さらには、医師は右半身まひでうまく歩けない莉愛(りな)ちゃんに対して、『リハビリをしてうまく歩けるようになったら普通学級に行こうね!』と告げてしまうかもしれない。

そんな莉愛(りな)ちゃんは、普通学級に通学すると自らバランスがとれ、うまく歩けるようになった。

気管切開していて話すことができない莉愛(りな)ちゃんは、工夫をして友達とコミュニケーションが取れるようになった。

 

専門職が、きっとこの方が良いと思っても、「案ずるより産むがやすし」、人と人とのつながりでどうにでもなるのだと共感させられた。

救急1件あたりの費用

埼玉県27消防

1 さいたま市消防局          35834円

2 川口市消防局            36269

3 川越地区消防局           38699

4 朝霞地区一部事務組合    

  埼玉県南西部消防本部        39228

5 蕨市消防本部            43736        

6 越谷市消防本部           44437

7 埼玉西部消防局           48905

8 入間東部地区消防組合

  消防本部              49076

9 三郷市消防本部           49354

10 上尾市消防本部           49403

11 戸田市消防本部           52558

12 草加八潮消防局           54205

13 坂戸・鶴ヶ島消防組合

  消防本部              56092

14 春日部市消防本部          56717

15 熊谷市消防本部           63665      

16 羽生市消防本部           64304

17 埼玉東部消防組合消防局       73123

18 埼玉県央広域消防本部        75789

19 吉川松伏消防組合

  消防本部              83104

20 西入間広域消防組合

  消防本部              84224

21 比企広域消防本部          84520

22 蓮田市消防本部           86212

23 深谷市消防本部           87680

24 行田市消防本部           90114

25 児玉郡市広域消防本部        93868

26 伊奈町消防本部           99152

27 秩父消防本部            165437

真夜中の緊急搬送🚑

たて続け3件!

1件目 病院へ救急搬送された患者様の施設までの搬送

2件目 病院へ救急搬送された患者様の自宅搬送

3件目 自宅内で転倒し起き上がらせることができないので、何とかして欲しいという要請。

3件目の患者様に接触し観察すると、「大腿頚部骨折の疑い」があり、緊急性は低いが重症と判断し、ご家族様に救急車で病院へ行きましょうと説明した。
ただし、救急隊を拘束する時間を、なるべく短くするため、患者様を診てもらえる病院を決めてから119番通報をと考えて、病院電話連絡をし始めて11件目(約1時間)で決定。

現場に赴いてくれた救急隊に全てを伝え、車内収容を手伝って、現場を離れる救急車を見送る頃には、通学する小学生は一人もいない時間に(・・?

電話相談!

真夜中の困りごと

『先日、搬送していただいた◯◯です。また同じ症状を訴えているのですが、どうしたら良いでしょう?』という電話相談📞。

じゃあ〜、ちょっとお邪魔して、ご様子を拝見させてください😁

緊急対応に備えて!

備えあれば患いなし

搬送中の患者様の容態変化に対応すべく、自らの知識と技術の維持と、

本日は研修医への指導です。

手を貸して!

今、いきま~す